遺産問題を念頭に葬儀の費用も検討したい

親族間で遺産問題がある中での葬儀の場合、葬儀費用の分担などに関してもある程度は考えておきたいものです。葬儀をすることを優先すべきだと言っても遺産問題のことを完全に忘れ去ってしまうのも考えものです。なぜなら葬儀費用も遺産を相続する人間たちで分担して支払うことが多いため、遺産相続の割合に応じて支払う金額を決めるのか、それとも純粋に等分するのかなど、葬儀費用の支払いに関するルールをあらかじめ決めておきたいものです。

もちろん、喪主となる人物がすべてを支払うケースも多いですし、そもそも親御さんの生命保険などでお葬式の費用がすべて賄えることが多いです。しかし、この保険金も含めて相続する財産となりますので、それを使用してお葬式の費用にあててもいいのかなどを相続する方々で話し合っておきましょう。ただし、葬儀を出す段階ではまだ遺産相続の最終決着がついていないケースが多いですし、仮に話し合いができていても実際に遺産を相続したわけではないため、それぞれの手元にはまだ何もないわけです。

そうなると葬儀費用を支払う能力の有無の問題もありますが、まずはルールだけでも決めておくことが大切です。あとから細かい清算を行なっても良いので、ルールを葬儀業者に正式な依頼をするまでに決めておきましょう。葬儀業者は葬儀を行なう前の段階で見積書を出してくれます。ここに記入されている金額はおよその金額であり、あくまでも目安ということになりますが、ほとんどの場合、この金額が最終的な金額になってきます。

お葬式を出す前の段階で大体の金額が分かっているわけですから、その金額を見た上でどのように費用の分担をするのか話し合っておきましょう。後から話し合おうと思っても、それぞれが相続を済ませた後となると、支払いを拒むケースなども出てきて、余計なトラブルの原因ともなります。そのような事態を招いて親御さんを悲しませないためにも先に話し合っておくことが大切です。全員ができるだけ納得できるようにしっかりと話しておきましょう。