遺産問題と葬儀のどちらを優先すべきか

家族や親が亡くなったとき、家族間で遺産問題が浮上することがあります。親の生前からたくさんの財産があることを把握していればまだしも、中には親が亡くなってからはじめて親が莫大な遺産を持っていたことに気づくこともあります。また、莫大とは言わないまでも、自分の親には遺産などないはずと思っていた中で、じつは遺産があったことに気づくようなケースもあります。このような場合、親が亡くなってから急に話し合いがもたれることとなります。

しかしながら、そもそも親などの近親者が亡くなっているということは、遺産相続の問題以前に、まずは親をしっかりと見送る儀式を行なわないといけません。つまりは葬儀をする必要があるのです。そのため、まずはこの葬儀を優先しましょう。どちらを優先すべきかということで悩んでしまう人もいますが、やはり遺産問題の話し合いは後回しにしておくのがベストと言われています。たしかに遺産問題も重要ではありますが、遺産の相続の話し合いはあとからでも可能です。しかし、葬儀は近々で行なわないといけないのです。そのように考えれば当然ながら葬儀を先に考えるべきです。

さらに言えば遺産問題は少々話し合ってお互いが完全に納得できるほど簡単な問題ではありません。関わる人が多いような場合には特に時間がかかります。片方の意見を尊重すればもうひとりの意見が無視されることとなってしまうため、やはり話し合いは難航するケースが多いのです。そのため、短期間の中で結論を出すことはほぼ不可能ですから、まずは葬儀の話し合いを優先させるようにしましょう。

葬儀さえ終わってしまえば、そのあとは期限などを特に設けずにゆっくりとそれぞれが納得する答えが出るまで話し合うことが可能です。もちろん、遺産相続も急ぎたい話ではありますが、葬儀以上に急がなければならないということはないため、まずは葬儀をきちんと行いましょう。それが親御さんに対する義理でもありますので、親への感謝の気持ちをもって見送ることを優先させましょう。